引越しのごくらし便

全ての引っ越し業者様が行っているサービスではありませんが、引っ越しによっては荷物を一時的に預かってくれるサービスを展開している引っ越し業者様もいらっしゃいます。そのため、新居に事情があって荷物を一部入れられないという方にはオススメのサービスの「一時預かりサービス」を利用した際の見積もりにどう影響するの?

コラム

引越しで便利なサービス「一時預かり」を利用するには?そして見積もりにどう影響するか?

投稿日:2017年4月10日 更新日:

引っ越し荷物が持っていけないけど捨てたくない…

引っ越しをする理由は人それぞれであり、引っ越し先に持っていく荷物も人それぞれ持っていく物の種類や量は異なります。

引越しで便利なサービス「一時預かり」を利用するには?そして見積もりにどう影響するか?

しかし、例として家の建て替え工事をするために仮住まいとして賃貸物件を借りることにしたが、仮住まい先には入らない大きな家具やコレクションで集めた趣味の品をどうするか?について頭を悩ませる事があるかもしれません。

通常、一軒家と賃貸物件のアパートやマンションでは家具や趣味の品などを置ける空間の容量が異なっている事を念頭に考えなければなりませんが、初めて引っ越しをされる方だと引越し先に持っていく荷物量に対する引っ越し先の受け入れ容量を把握せず、後になって引っ越し先に持っていく荷物が仮住まい先には入りきらないという状態が判明する事もあります。

そのような時に便利なのが引っ越し荷物の「一時預かりサービス」であり、引っ越し先にやむを得ない理由で持っていけない荷物を引っ越し業者様、もしくはトランクルーム専門業者にお任せする事です。

*注意*
全ての引越し業者様が「一時預かりサービス」を行っているとは限りませんので、「一時預かり」を希望する場合は見積もりを受けて契約をする前に確認をしてください。

引っ越し荷物の「一時預かりサービス」とは?

引っ越しの荷物が引っ越し先に持っていけない場合は処分するしかありませんが、仮住まいの間なので思い出の品やまだ使いたい大事な家具などを捨てるのは気が進まないでしょう。

そんな引っ越しをする消費者側のためのサービスとして引っ越し業者様やトランクルーム専門業者様による「一時預かりサービス」の利用が増えております。

「一時預かりサービス」は文字通り荷物を一時的に預かるサービスのことであり、引っ越し先に持っていけない荷物などを引っ越し業者様やトランクルーム専門業者様に依頼して一時的に預かってもらう保管サービスなのです。

一番多い理由が「仮住まい先に今の荷物を全て持っていけない時」

「一時預かりサービス」を利用する例として最も多いのが家の建て替えなどで仮住まい中の時です。家を建て替えるのは大きな決断であり、建て替える前、建て替え中、建築完了まで人の生活は大きく変わります。しかし、引っ越しの際に問題となるのが家の建て替え中の荷物です。

大抵の場合は家を建て替え中は貸家や賃貸アパート・マンションを借りることが多いのですが、それらの仮住まい先に家にあった荷物を全て持っていくのは同じぐらいの広さが要求されます。ですが、仮住まい中の家賃や生活への影響を第一に考えなければならないので、どうしても荷物の容量に関してはあまり関心を持たれません。

そのため、仮住まいの契約後に「荷物入りきらないんじゃ?」と気付く方も多いのですが、だからといって入りきらない荷物が捨てられる物ばかりとは限りません。そこで、「一時預かりサービス」を利用して引っ越し先に持っていく荷物は最低限、その他は家が建つまで一時預かりしてもらう事ができるのです。

「一時預かりサービス」を利用する判断基準

一時預かりサービスが必要になるかどうかの判断は難しくはなく、以下のような事に該当するのであれば一時預かりサービスを利用したほうが良いでしょう。

・今の住居に対して引っ越し先が狭い場合
・引っ越し先で必須にならない物、すぐに必要になる可能性が低い物
・大きすぎて引っ越し先で使えない物

基本的に引っ越し業者様では一時預かりサービスはオプションサービスとなっておりますので、見積もりの際にオプションサービスとして利用したい旨を伝える事が重要です。

同時に「何を預けるべきか?」も前もってしっかりと考えて決めないと、一時預かりに出した物はいつでも自由に取り出せるわけではありませんので、一時預かりにしたのは良いが後で必要になったりすると困りますので、一時預かりサービスで何を預けるかは検討しましょう。

「一時預かりサービス」を利用する場合の見積もりに関して

「一時預かりサービス」は全ての引っ越しする方が利用するわけではありませんので、どの引っ越し業者様でも基本はオプションサービス扱いとなっております。

ただし、一時預かりをするにはそれなりのスペースが必要なので全ての引越し業者様が「一時預かりサービス」を提供しているわけではありませんので、引っ越し業者様から見積もりを取る前に必ず「一時預かりサービス」を提供しているかどうか確認は必須です。

また、「一時預かりサービス」は引っ越し業者様によって料金が異なり、預ける側の荷物量が多い、大きな荷物、そして預ける期間が長いほど見積もり時に高額な請求になりかねません。そのため、「一時預かりサービス」を利用する見積もりでは、必ず「一時預かりサービス」を提供する複数の引っ越し業者様から見積もりを取って比較しましょう。

なお、預ける荷物が多いと「一時預かりサービス」の料金も高くなりますので、一時預かりしてもらうほどでもない不要な物はゴミとして捨てたりすると預ける量を減らせすことができるため、不用品はなるべく捨ててしまいましょう。

引っ越し先に持っていけない荷物を預かってくれる「一時預かりサービス」ですが引っ越し業者様によってサービス内容は異なりますので、見積もり金額も変わってきます。

そのため、「一時預かりサービス」を利用する時は料金だけでなく、何の荷物を一時預かりしてもらうかについてもしっかりと検討しましょう。

以上、引っ越しで便利なサービス「一時預かり」を利用するには?そして見積もりにどう影響するか…でした。

-コラム

Copyright© 引越しのごくらし便 , 2017 AllRights Reserved.