引越しのごくらし便

引っ越しはやるべき事が多くて大変ですが、特に引っ越しをする人が一番労力として大変なのが引っ越し先に持っていく荷物関係の事です。持って行く荷物だけでなく、引っ越しの時に限って起きる事として不用となった家具などの処分が頭を悩ませてきます。

コラム

引越しで要らない家具を処分すれば節約になる!

投稿日:2017年4月10日 更新日:

引っ越し見積もりにも影響しかねない不要な家具問題

引っ越しの際に発生する引っ越し料金は持って行く荷物が多いほど料金が上がるのは当たり前のことであり、逆に持っていく荷物が少ないほど引っ越し料金も比例して下がるのは当然です。

引越しで要らない家具を処分すれば節約になる!

また、引っ越し業者様にも荷物量が多い引っ越しなら割引、荷物量が少ない引っ越しなら安くなる、といったサービスやプランがありますので、引っ越しをするときは必ず複数の引っ越し業者様に依頼して比較する事が大事です。

そんな引っ越しの時に不要品として処分されやすいのがもう誰も使っていない家具であり、今まで中々捨てられなかった家具をどうするかの選択を迫られる事になります。不要な家具をわざわざ持って行くとその分の費用が発生してしまうのは明らかですので、再利用が出来ない・考えていない場合はもはや処分しか残されておりません。

要らない家具を処分するのは難しい!

時の流れと共に使わない家具や不要になってくる家具はどうしても出てきますが、家具は処分が難しい・面倒なのでついつい捨てるのを「その内に…」としてしまいがちです。

例えば、子供が成長して家から出て行った場合、子供が今まで使っていたタンス、勉強机などは使う人がもういないなら持っていても仕方がありません。誰も使わない家具をわざわざ引っ越しの際に持っていく場合でもその分のコストが発生してしまいますので、できれば家具は早めに処分を決めなければなりません。

しかし、処分する場合もタイミングと費用が発生してしまいますので大変です。また、家具はほとんどの場合、「大型ごみ・粗大ごみ」という扱いとなっておりますが、物が大きいので普段からの燃えるゴミみたいに気軽に処分する事ができません。

自治体に処分をお任せする?

自治体に家具を処分依頼する事ができればこれほど安く処分できる事はありません。自治体に処分を任せる場合は自治体が発行している「大型・粗大ごみ処分シール」という数百円程度の証紙を購入し、指定の日に捨てたい家具へシールを貼り付けておけば良いのでとても安上がりです。

そのため、家具の処分におけるコストは一番節約できるのですが、自治体は家具といった大型・粗大ごみを処分ができるタイミング(大型・粗大ごみの日)が決まっており、引っ越しをするタイミングでは捨てるのが間に合わない事もあります。また、原則は自分で家具を運び出し、ゴミ捨て場にもって行かなければなりませんので、人手がない方やお年寄りの方、身体を怪我していたりする方には家具の運搬は困難です。

なお、自治体によっては家具を指定の処分場に持っていけば処分してくれるのですが、こちらも自分で家具を運ぶ必要がありますので、家具にもよりますが車(ワンボックスカーか軽トラック)も必要になってしまいます。引っ越し時のコスト的には一番節約できる自治体への処分ですが、原則は自分で指定の場所まで家具を捨てに行く必要があるのがデメリットです。

粗大ごみを回収する業者に依頼する?

自治体に家具の処分を依頼したかったが、引っ越しの日まで間に合わない場合は大型・粗大ごみを回収してくれる業者様に依頼するのも選択肢となるでしょう。大型・粗大ごみを回収してくれる業者様であれば、指定した日に訪問し、大きな家具であっても運び出しを業者様が行い、分解が必要な家具も業者様が作業してくれるので引っ越しする人は労力を大幅に節約できるのです。

ただし、業者様にもよりますが料金は自治体に処分をお任せするよりも高くなってしまいますので、金銭的な面で言えば節約にはなりません。また、家具の分解、家具がドアを通れない場合はドアの取り外しといった作業が必要になり、その分の手間賃としてさらに料金が高くなってしまいます。

そのため、引っ越しまで時間がないので何とかして処分をしたい場合のみ、ご利用を考えたほうがいいでしょう。なお、自治体によっては自治体指定の大型・粗大ごみ回収業者様を紹介してくれる事がありますので、一度自治体に相談してみる事もオススメします。

引っ越し業者様にお任せする?

引っ越し業者様も家具や家電といった大型・粗大ごみを処分する事ができるサービスがあります。引っ越し業者様であれば引っ越し当日に不必要な家具を引き取ってくれるためのトラックやスタッフもやってきますので、家具を捨てるタイミングを逃す事もありません。

また、家具次第では無料で引き取ってくれる事もありますので、引っ越しにかかる費用を大きく削減する事ができます。ただし、無料で処分できるかどうかは家具の状態次第、また引っ越し業者様次第なので、見積もりの時点でどうなるかしっかりと確認しておきましょう。

一部の引っ越し業者様では家具の状態がかなり良い場合、買取してくれる事もありますので出費が大きい引っ越し費用の足しにする事ができます。ただし、買取基準は新品同然である事が大前提とかなり厳しいですので、無料引き取りになれば良しと思った方が良いかもしれません。

引っ越しの際に悩みの種となりやすい家具の処分ですが、一番コストを節約できる方法は自治体にお任せする事です。ただし、原則は自分で運び出さないといけないので労力がある場合限定となります。また、コストはかかりますが業者様が運び出しをしてくれるサービスを利用すれば自分で手を動かす必要性がありません。家具の処分においてコストを節約するか?労力を節約するか?はよくよく検討しましょう。

以上、引越しで要らない家具を処分すれば節約になる…でした。

-コラム

Copyright© 引越しのごくらし便 , 2017 AllRights Reserved.