引越しの一時保管サービスはどれぐらいの期間まで利用すべき

引っ越しにおいて持っていく荷物が多すぎたり、引っ越し先が前の家よりも小さかったりする場合は全ての荷物を運び入れる事は出来ません。そこでオススメなのが引っ越し業者様が提供する一時保管サービスであり、引っ越し業者様によりますがかなりの期間を借りることができるようになっております。

コラム

引越しの一時保管サービスはどれぐらいの期間まで利用すべき

投稿日:

引っ越しにおいて荷造りこそ一番労力を必要とする上に大変な作業となります。ところが荷物問題は引っ越し先においても発生するトラブルの一つであり、それが「全ての荷物が入りきらない!」という荷物問題です。

引越しの一時保管サービスはどれぐらいの期間まで利用すべき

これは引っ越しの目的や引っ越し先に持っていく荷物量にもよりますが、同じ一軒家であっても前の家よりも狭かったりする事もありますし、同じぐらいの広さでも間取りや部屋の構造が違うと今までのように荷物を置く事ができません。

また、今の家を建て替える間だけの仮住まいをする場合は仮住まい先の広さを意識するよりも家賃や今の通勤・通学ルートを優先的に考える事が多く、この時点では全ての荷物が運びこめるかどうか?という点を意識される方は少ないです。

そして、引っ越し先に荷物が入らない可能性を引っ越しの荷物を運び込もうとした時、または引っ越し業者様と打ち合わせが終わって契約もした後、ダンボールを貰って荷造りをしている時に初めて気付く事が多いので、引っ越し先に入りきらない荷物をどうするか?について不安になったり気付いても遅いのです。

引っ越し業者様の一時保管サービスについて

よくある引っ越しの荷物を引っ越し先に全て持って行く事ができない原因が、引っ越し元となる今の家に対して引っ越し先の住まいが狭い場合がほとんどです。

実際に引っ越し先の住まいを見に行く時というのは家具等も無かったり、無駄な物が無いのでとても広々した感じを受ける事もありますが、実際に荷物を運び込んでみるとかなり厳しい事も多く、大きな家具を運び込む事ができない事が当日になってわかったりする事もあります。

また、一軒家であれば2階や3階もあって縦の空間分の容量がありますが引っ越し先が1階しかない、または1部屋のアパートやマンションのような賃貸物件になる場合はそれ以下の容量であるために要注意です。このような状況が考えられる場合にオススメなオプションサービスが引っ越し業者様による一時保管サービスです。

引っ越し業者様の一時保管を利用すれば引っ越し先ですぐに必要にならない荷物などをお預けする事ができますので、無理に持っていけない荷物を処分する必要性がなくなります。ただし、全ての引っ越し業者様が一時保管サービスをやっているとは限りませんので、必ず見積もりを依頼する前に引っ越し業者様が一時保管サービスを提供しているか確認しましょう。

引っ越し業者様の一時保管サービスにおける預かり期間

仮住まいなどで引っ越しの荷物が引っ越し先に入りきらない場合、引っ越し業者様の一時保管サービスは引っ越し先に持っていけない余分な荷物を預かってくれる非常に便利なサービスです。

最近では建て替えを理由とした引っ越しプランで一緒に基本サービスと一緒に組み込まれていることもあり、引っ越しをする消費者のニーズに応えるプランを提供される引っ越し業者様も増えてまいりました。

ただし、一時保管サービスの料金は保管期間や保管する荷物量に応じて料金が変動いたしますので、引っ越し業者様に確認が必要となりますが、ここで特に重要なのが保管期間です。引っ越し業者様次第ではありますが「預かられるのは○ヶ月まで」と一時保管を利用できる期間がありますので、いつまでも借りられるところはありません。

そのため、「いつまで預かってくれるのか?」という確認も重要ですが「いつまで預けるべきか?」についても検討し、引っ越し業者様に具体的な預かり期間を示さねばなりません。

預けたい荷物について

一時保管サービスにおける注意点として、自由に預けた荷物を取り出すことができない事が挙げられます。一時保管サービスに預けた荷物は引っ越し業者様によって保管倉庫に預けられてしまいますので、必要になった時にすぐ取り寄せる事ができません。どうしても必要になった場合は手数料を払って持ってきてもらうことになりますので、一時保管サービスに預ける荷物は預ける期間中は使わない、使用する必要性が無い物を預けましょう。また、一時預かりサービスに出す荷物を間違えないように、預ける荷物のダンボールに目印などをつけて間違いを防ぐのも有効です。

いつまで預かってもらうべきか?

引っ越し業者様の一時保管サービスを利用するためには、預ける期間がしっかりと決まっていないとなりません。預ける期間を本来必要な期間よりも多めに見積もってしまうとその分は余計な出費となってしまうので無駄となってしまいます。

逆に「短い期間なら一時保管の料金が無料になる」という特典を利用するために、預かってもらう期間を短くしてしまうと万が一の時があれば延長を申し出なければならないので、その際も余計な手間と延長のために追加料金が発生してしまいます。なので一時保管サービスに預ける期間の決め方としては、家の建て替えの場合なら家が完成するまでの期間に合わせる、引っ越し先にまだ住んでいる人がいるせいで荷物の搬入がすぐできない場合は住んでいる人の退去日、もしくは翌日がオススメです。

しかし、万が一の時があって予定通りに行かない場合もありますので、その際に一時保管を延長する対応ができるかどうかも念のために確認をしたほうが良いでしょう。

預かってもらえる期間を超えそうな時について

引っ越し業者様の一時保管サービスを利用したいが、もしも一時保管サービスの期間内までにこちらが荷物を引き取れない場合はどうすれば良いのでしょうか。

引っ越し業者様としても、いつまでも引っ越しのお荷物を預かり続けているわけにはいきませんので、決められた期間内で荷物を引き取って欲しいのです。しかし、建て替えの場合は何らかのトラブルで工事が一時中断したりして、工事期間が延びたりすることも考えられます。

この場合は預かる期間が引っ越し業者様の決めた範囲内を超える場合はすみやかに連絡を取り、一時預かり期間を延長できないかについて相談をしたほうが良いでしょう。もしも延長ができない場合はどうすれば良いかについてですが、この場合は収納スペースを貸し出すトランクルームや貸し倉庫を借りてそちらに荷物を移してもらいましょう。

ただし、その場合は自分達でトランクルームや貸し倉庫を探さなければなりませんし、新しく契約を結ぶ事になるので別の出費が発生してしまいます。

引っ越し先まで持って行く事ができない荷物を預かってくれる引っ越し業者様の一時保管サービスですが、引っ越し業者様によってはあまり長い期間預かれない、延長対応が必要になっても対応できない、といった場合もあります。

もしも今の家を建て替える場合に工事期間が引っ越し業者様の預かり可能期間ギリギリである場合などは、前もって延長ができるかどうか確認しておきましょう。

以上、引越しの一時保管サービスはどれぐらいの期間まで利用すべき..でした。

-コラム

Copyright© 引越しのごくらし便 , 2017 AllRights Reserved.