引越しのごくらし便

引っ越しの時にお世話になる引っ越し業者様ですが、引っ越しの御見積金額を決めるには荷物量の把握が必要です。なぜなら、荷物量が人によって異なりますので引っ越し業者様の営業マンが訪問して荷物量を確認し、そこから料金の算出を行わなければならないのです。

コラム

引越しの見積もりで嘘を付くと損しかしません!

投稿日:2017年4月17日 更新日:

引っ越し業者様のサービスは単身パックのような単身の引っ越しをする方向けのサービス以外は、基本的に「金額が見えないお買い物」でありますので最初の段階で御見積金額を知る事はできません。

引越しの見積もりで嘘を付くと損しかしません!

 

この御見積金額を算出するためには、引っ越し業者様の営業マンが一度ご自宅にお邪魔して実際に運んで欲しい荷物量を確認、同時に引っ越しをする消費者からのご希望をヒアリングしたり、引っ越し業者様が提供しているオプションサービスをご利用するか確認しなければなりません。

そして、ご希望や運ぶ荷物量から引っ越しの料金を算出しますので、後はお金を払う消費者として御見積金額を出してきた引っ越し業者様と契約するかどうかを検討します(その場で契約しないと駄目というルールはありません。検討します、でお帰りいただく事も可能です)

この訪問見積もりは引っ越しをする消費者と引っ越し業者様との間で絶対に必要な事ですので、訪問見積もりを行わずして引っ越しの料金を知る事はできません。しかし、その訪問見積もりで時々嘘を言う消費者の方もいるようです。

訪問見積もりを安くするための嘘は通用するのか?

よく引っ越しでは何万円、何十万円という出費が発生する、という話を聞く事があるかもしれませんが、実際にそれだけの金額が発生するかどうかは訪問見積もりをするまでは消費者も引っ越し業者様もわかりません。しかし、少しでも引っ越し料金を抑えたいために消費者側のほうで嘘をつく方がたまにいらっしゃるようです。

例として「この家具は持っていかない。処分するので見積もりに含めないでください」と言っておきながら、引っ越し当日になって「この家具を持って行く事にしましたので運んでください」と言ってその家具の料金を浮かそうとしたりするケースがあります。

また「他の引っ越し業者にも見積もりを取ってる」と話を切り出して「その引っ越し業者は○万円と言っているけどそちらのは安くならないか?」と、本当は他の引っ越し業者様からまだ見積もりを取っていないのに嘘を言って安くしようとする方がいます。ところが先に結論を言えばこういった嘘はすぐにバレますので意味はありません。

本当は運ぶ荷物の金額を浮かすための嘘は無駄?

引っ越しの訪問見積もりで嘘を言って少しでも金額を安くしようとして嘘をついたり、他の引っ越し業者様に見積もりを依頼していないのに見積もりを取ったような素振りをして引っ越し料金を安くしようとしても、引っ越し業者様の営業マンから見ればすぐに「嘘か」とわかりますので、逆に消費者が自分の首を絞めているだけにしかなっていないのです。

引っ越し業者様に嘘が通じないと言う点について、まず訪問見積もり時に本当は運ばなければならない荷物を「処分するから運ばない」と言って引っ越し当日に「運んで欲しい」と言っても、引っ越し業者様から見れば「運ぶ対象になっていないので運べません」という形で拒否をする事ができるのです。

実際には「急に運んで欲しい」というこちらのお願いを引っ越し業者様がいきなり拒否する事はありませんが、大抵の場合は「追加料金を払っていただければやります」となりますのでやはり料金を浮かす事はできません。また、追加料金は本来払っていればよかった金額よりも高いことがありますので、見積もりで安くしたつもりが逆に損をしている事もあります。

また、引っ越し業者様としても見積もりの段階で必要になる労働力とトラックの大きさを決めているので、消費者からすれば「荷物一つぐらい増えても大丈夫だろう」と思っていても「トラックに積み込めません」となってしまう事があり、持って行く事ができなくなってしまいます。結局損しかしないので嘘をつかず、運んで欲しい荷物は正直に申し出ましょう。

本当に見積もりを取っていないのに安くしようとしても無駄?

本当は見積もりをどこからも取っていないのに、他の引っ越し業者様からの見積もりを出して値下げ交渉をしようとする消費者の方もいらっしゃいます。

しかし、これも結論を先に言えば引っ越し業者様の営業マンには通用しません。引っ越し業者様というのは引っ越し業者様同士で連絡を取り合っていたり、お互いのやり方をよくご存知なので実は消費者様よりも引っ越し業者様同士のほうがお互いの事をよく知っているのです。

そのため、実際に取っていない嘘の見積もりで安く迫ろうとしても、「そんな料金じゃ赤字になるだけだ。これは嘘だな。」と見破られ、すぐに嘘はバレてしまいます。そもそも本当に他の引っ越し業者様のほうが安かったならば、その見積もりを見せれば決定的な証拠になりますが、本当に見積もりを取っていない状態では見せられる見積もりはありません。

なのに、「安かった」と言うだけでは「嘘だな」と思われるだけなので、嘘で安くさせようと努力するより、本当に見積もりを取って比較・検討に努力のリソースを割くべきです。

当日に伝えるより前もってきちんと連絡する重要性

人のコミュニケーションとは難しい物であり、こちらは嘘をついたつもりが無かったとしても後から「運んで欲しい荷物が増えたけど、当日に言えばいいかな?」と考えてしまったりする事があります。

ですが、引っ越しにおいて予定外の荷物が出てきた場合、引っ越し当日にお手伝いに来てくれる引っ越し業者様のスタッフから見れば「聞いてない」となり、引っ越し料金を安くするために嘘をついていたと思われてしまいかねません。なので、引っ越しの荷物が急に増えた場合はすぐに引っ越し業者様に連絡を取り、荷物が増えてしまった旨を伝えましょう(どんな荷物が増えたのか具体的な寸法なども聞かれる事があるので調べておくと良い)

また、こちらが曖昧な返事をして引っ越し業者様の営業マンが「この荷物は運ばない」と認識してしまい、実際には運んで欲しい荷物が運ぶ対象外になっている事もあります。そのため、訪問見積もりが来る前に運ぶ荷物や運ばない荷物はしっかりと決めておきましょう。

引っ越し業者様のサービスは労働力となる人やトラックを派遣するサービスなので「金額のわからないお買い物」です。しかし、そのお買い物で引っ越し料金を安くしようとして嘘をつく消費者もいますが、引っ越し業者様はその道のプロでありますので嘘はすぐにバレますし、そんな嘘をつくような消費者とは引っ越し業者様も気持ちよくお仕事をする事はできません。

また、嘘をついても「何とかなるでしょう」と思っていると、荷物の運搬ができなかったり、いらない出費が発生してしまったり、もしかするとどの引っ越し業者様も引き受けてくれない事もあります。

そのため、引っ越しにかかる料金を少しでも安くするために嘘をつく事は、大事な引っ越しをする消費者がぶち壊しにしてしまうだけなので嘘はつかないようにしましょう。

以上、引越しの見積もりで嘘を付くと損しかしません…でした。

-コラム

Copyright© 引越しのごくらし便 , 2017 AllRights Reserved.