福岡市を中心に発展を続ける福岡の引っ越しや、市町村への届出の注意点、頼りになる引っ越し業者の情報などご紹介!本州から九州・福岡への引っ越しは、長距離移動が必要となります。費用も大きくなりがちなため、事前の見積もりは必須なので大切な荷物を任せる引っ越し業者をしっかりと選んで、引っ越しをスムーズに完了させましょう。

引越し地域

福岡の引っ越しは単身と家族で料金が変わる!荷造り前の料金手続きをスムーズにする

福岡市を中心に発展するエリア!福岡の引っ越しって?

九州の北に位置する福岡は、福岡市を中心に発展するエリアです。

名所旧跡のほか太宰府天満宮をはじめとした観光スポットも多く、毎年多くの観光客が訪れます。

古くから独自の歴史を築いてきた福岡には、ほかの土地にはない文化や風習、食べ物が根付いています。

家の守り神として飾られる猿田彦神社のお面や、福岡ならではの地元野菜のかつお菜などが一例として挙げられるでしょう。

引っ越しにおいては独自の風習はほとんど存在しないため、引っ越し前の住居の近隣や、転居先の隣人には他県と同様に挨拶することをおすすめします。

転出入の届け出は必須!近隣住民への挨拶も忘れずに

福岡に引っ越しする場合は、転居についての手続きが必要です。

転出入する市町村に対する住所変更の届出は、基本的に世帯主が行います。

引っ越しの手続きは各役所への届出や手続きが多く発生するため、余裕をもって行うように注意してください。

届け出の際は本人確認を求められるため、運転免許証やパスポートといった本人確認書類が必要です。

場合によっては本人確認無しで届出が可能ではあるものの、確認が不十分とされた場合には再手続を求められます。

特に本州から福岡への引っ越しの場合、荷物の移動とタイミングを合わせる必要があります。

本州から九州・福岡に移動したあとに諸手続きが残っていることが判明すると、移動に大きな手間がかかります。

また、福岡から本州への引っ越しも同様でしょう。

あらかじめ届出リストを作るなどの工夫をして、引っ越しを済ませることをおすすめします。

電気やガスをはじめとしたライフラインの開通や、近隣への挨拶も重要です。

福岡の引っ越しでは、洗剤やタオルなどのちょっとした贈り物を持って挨拶に伺うのが一般的です。

集合住宅の場合は左右はもちろんのこと、足音や生活音で迷惑をかける可能性のある上下の家への挨拶も忘れないようにしてください。

繁忙期を避けるのがおすすめ!福岡の引っ越し見積もり例

引っ越しの費用は季節によって変化します。

3月や4月といった移動の多い季節には引っ越し件数が増え、福岡でも業者のスケジュールを抑えにくくなります。

いつ引っ越しがするのかはっきりと決まっている場合は、早めに見積もりを取りましょう。

見積もりの一例として、東京から福岡へ単身で引っ越す場合は、費用は10万円前後となります。

できるだけ家具や荷物を減らし、トラックを使って引っ越しをすれば費用を抑えられます。

家族での引っ越しは単身よりも荷物が大幅に増えるため、費用も上がります。

使用するトラックの台数や作業員の人数にもよりますが、25万円前後はかかるものと見積もったほうが良いでしょう。

できるだけ費用を安くしたいなら、3月や4月の繁忙期を避けることをおすすめします。

引っ越し業者によっては繁忙期以外にキャンペーンをしていることも多く、料金を節約できます。

また、家具や電気製品、服などの荷物は現住所で処分し、可能な限り荷物を少なくするのも良い方法です。

福岡の引っ越しにどの業者を選ぶ?おすすめ引っ越し業者

引っ越し業者は数多く存在しますが、見積もりや対応に納得できる業者を選ぶことが大切です。

大手引っ越し業者として知られ、全国に支社を持つサカイ引越センターは、単身だけではなく家族の引っ越しにも対応可能です。

同じく大手のアート引越センターやアリさんマークの引っ越し社など、TVCMでも見かける業者を選ぶのも良いでしょう。

大手は作業や対応にしっかりとしたマニュアルがあるため、安心して利用できます。

福岡から別エリアに向かう長距離の引っ越しにも、大手ならではの安定感があります。

地域に根付いた引っ越し業者としては、人力引越社 福岡支社の評価などがおすすめです。

大手と比較すると料金が安い、不用品回収もできるといったメリットが多く、業者選びの際の候補にしたい会社です。

福岡から同一エリア内への引っ越しには、スタイル引越センターなどの業者も便利です。

見積もりや電話対応も親切で、スピーディな作業で引っ越しを完了してくれます。

実際に引っ越してみた感想!福岡の引っ越し業者の口コミをチェック

福岡の引っ越しの口コミには

「思ったよりも費用が安く済んだ」
「作業員がスピーディに仕事をしてくれたので助かった」
「電話対応が親切だった」

といった声を確認できます。

一方で

「作業員の態度が悪かった」
「担当者と本社の間で連絡の行き違いがあって不安だった」

といった声もあり、自分の引っ越しに合った業者選びの大切さが判ります。

福岡から本州へ、あるいは本州から福岡へ移動する引っ越しは、どうしても長距離ゆえの困難が伴います。

特に家族と一緒に引っ越しで荷物が多い場合は、どの引っ越し業者を利用するか慎重に見極める必要があるでしょう。

福岡エリア内の引っ越しには、地元業者の利用もおすすめです。

福岡には古くから地元で営業を続けてきた引っ越し業者が複数存在しています。

エリア内の土地勘がある業者は移動がスムーズです。

また、場合によっては見積もりの相談に乗ってくれるも利点でしょう。

福岡市 ホームページ
求人ボックス|福岡県の仕事・求人情報
福岡県の住宅地標準価格(平均価格)番付 - 都道府県・市区町村ランキング【日本・地域番付】

福岡県引越し業者の地域リスト一覧

福岡市、北九州市、門司区、若松区、戸畑区、小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、福岡市、東区、博多区、中央区、南区、西区、城南区、早良区、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、筑紫郡、那珂川町、糟屋郡、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、遠賀郡、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、鞍手郡、小竹町、鞍手町、嘉穂郡、桂川町、朝倉郡、筑前町、東峰村、三井郡、大刀洗町、三潴郡、大木町、八女郡、広川町、田川郡、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町、京都郡、苅田町、みやこ町、築上郡、吉富町、上毛町、築上町

更新日:

-引越し地域

Copyright© 引越しのごくらし便 , 2019 All Rights Reserved.