150以上の島々が集まる沖縄には、独自の風習が根付いています。本州から沖縄への引っ越しは、長距離移動が可能な引っ越し業者選びが重要!沖縄には大手から地元密着タイプまで、見積もりから作業まで頼りになる引っ越し業者が揃っており、チェックしたい沖縄の風習や、おすすめの引っ越し業者口コミなどを紹介します。

引越し地域

沖縄へ引越しなら見積もり準備など業者と話し合い費用を決めておこう!

引っ越し前に要チェック!独自の文化を持つ沖縄の引っ越し

沖縄本島を中心に宮古島や石垣島をはじめとした150以上の島々で構成される沖縄には、独自の文化が根付いています。

季節ごとの行事はもちろんのこと、引っ越しについても沖縄ならではのイベントや、他県にはない風習があります。

ほかの地方から沖縄に引っ越す場合は、沖縄の文化や風習について事前にチェックしてみましょう。

沖縄の引っ越しや風習、風土などをよく知れば、新しい環境や隣人にも馴染みやすくなるはずです。

また、本州から沖縄、あるいは沖縄から本州へ移動する場合は、長距離移動が可能な引っ越し業者が必要です。

家具や電化製品など多数の荷物を抱えての長距離移動ができる引っ越し業者を探しましょう。

大安の日に引っ越し!沖縄では味噌と塩のお供えで神様に挨拶も

沖縄の引っ越しでは、旧暦や六曜が大きな意味を持ちます。

旧暦に従い、沖縄では仏滅などを避けて引っ越し日を決定するのが特徴的です。

現代でも多くの人が大安を選び、さらに沖縄独自の行事と日程が被る日は避けて移動を行います。

さらに引っ越し作業自体も満潮から干潮の間にするなど、独自の風習も健在です。

また、沖縄では新居がある土地の神様に挨拶するため、味噌と塩のお供えをします。

元の住居の火の神様には、新しい家の住所や家族の名前、引っ越すことを報告しましょう。

このような風習は同じ沖縄であっても各地方ごとに少しずつ風習が異なり、旧暦を気にしなかったり、塩と味噌による挨拶をしなかったりと多少の差があります。
しかし、旧暦で大安となる日はやはり引っ越しをする人が増え、業者のスケジュールも混み合う傾向にあります。

作業員の人数やトラックを確保してゆっくりと引っ越しをしたい場合は、あえて大安の日を避ける、仏滅の日を狙うといった方法もおすすめです。
業者によっては風習を避けた日のほうが費用が安くなることもあります。

引っ越し先によって費用が違う!沖縄の引っ越しは見積もり必須

沖縄の引っ越しは、元となる住居と引っ越し先の距離によって費用が大きく異なります。

同じ沖縄エリア内の場合、単身引っ越しならば5万円から10万円ほどで引っ越しが可能でしょう。

荷物を減らしてダンボールの数を抑えれば、費用はさらに安くなります。

単身であっても沖縄から本州や九州、またはその逆に沖縄への引っ越しの場合、20万から30万円ほどの費用がかかる可能性があります。

人数にもよりますが、家族を連れての沖縄から本州への引っ越しは、さらに多めの費用を見積もっておくことをおすすめします。

沖縄から同じ沖縄エリア内、かつ近距離の場合は単身なら3万円から5万円ほどがかかります。

家電や荷物を減らす、軽い荷物は自力で新居に運び込んでおくなどの工夫をすれば、引っ越しにかかる費用を減らせます。

ただし沖縄内であっても、離島への引っ越しは費用が嵩みがちです。

また、業者によっては離島への引っ越しが難しい例もあるため、事前の見積もりや確認が必須となるでしょう。

沖縄の引っ越しでは地元業者もおすすめ!業者を上手に使い分けよう

スムーズな引っ越しを目指すなら、引っ越し業者は慎重に選びましょう。

沖縄で利用できる引っ越し業者としては、サカイ引越センターやアート引越センター、沖縄配送、沖縄引越センターなどが挙げられます。

大手ならではの知名度と安定感があり、引っ越し初心者にもおすすめなのがサカイ引越センターです。

沖縄のみならず日本全国の引っ越しを取り扱っており、本州への移動や、その逆も頼めるのがポイントでしょう。

見積もりや作業も丁寧なため、女性の引っ越しでも安心して利用できます。

地元の業者に頼みたいなら、沖縄配送や沖縄引越センターをチェックしてみてください。

沖縄配送は地元密着型の企業として、大手や他社よりも安い費用で引っ越しできる可能性があります。

沖縄引越センターもまた、地元沖縄の企業です。

サービス面でもユーザーの信頼を得ており、特に沖縄間での引っ越しで地元企業ならではの強みを発揮します。

沖縄間の引っ越しは地元業者、本州への引っ越しには大手など、移動する場所によって使い分けるのもおすすめです。
https://www.youtube.com/watch?v=j1OvFN1QoMM

気に入った業者を使うのも良い方法!沖縄の引っ越し口コミまとめ

沖縄の引っ越しの口コミでは

「思ったよりも安い値段で引っ越しができた」
「最初の見積もりの電話が長かったけど、その分安心できた」といった声が目立ちます。

「本州から沖縄への引っ越しで業者選びが難航した」

「予想よりも費用が増えてしまった」などの声もあり、異なる地域への引っ越しの難しさが判ります。

沖縄には地元密着の引っ越し業者が多く、ユーザーによっては毎回同じ業者を利用しているのも特徴です。

頻繁に引っ越しをする場合は気に入った業者に毎回依頼すれば、見積もりや作業スピードなどを把握しやすくなるでしょう。

また、引っ越しの日を旧暦に従うなどの風習はあるものの、「気にせず引っ越しをした」「仏滅を狙って費用を安くした」という人も増えています。

風習を気にせず、さらに引っ越しシーズンを外せば安い費用で引っ越しができるはずです。

家族の人数や仕事の都合を考えながら、スムーズな引っ越しを目指してみてください。

沖縄県の男女特徴や性格または県民性

南国沖縄、日本国内でありながらかなりの距離が本州からありますから、風習や個性なども結構違いも感じられます。

まあ南国ということは暑い、暑い地域に住む人の特徴はほとんど備えているという感じですね。

暑いので、細かいことはまあ良いかの代表、なんくるないさー、と言う言葉にもそれが現れています。

おおらかで大雑把、というのが特徴です。

しかしその反面、南国ならではの気の短いという面もあるので、おとなしい呑気者ばかりではありません。

引っ越しの時にこの性格が、ちょっと問題になることも無いではありませんね。

沖縄県へのもしくは沖縄からの引越しで準備することは

転出先への転出届や転入先への転入届はもちろんのこと、郵便局への届け出なども大事です。
もちろん住所変更の各所への届け出も、これも準備しておく必要があります。

そしてこうした共通点に加えて、何しろ沖縄です。
本州内の引っ越しのように、引っ越しトラックに同乗して引越し先へと言うわけには行きません。

もちろん荷物だって、海を渡って運ばれていくわけです。

この手配、沖縄までの引っ越しを引き受けてくれる業者を探し、また家族全員の移動手段についても、予め考えておかなくてはなりません。

荷物が届くのとできるだけ同じ時間到着、またか先行しておいて引っ越地荷物が届くのを管理するなどの用意も必要になりますね。

沖縄県での引越しに役立つ便利グッズ

沖縄県民が他県に引っ越す場合には、何よりもその呑気さと細かいことはまあ良いか、の性格上用意をしておいたほうが良いことがあります。

引越荷物用のメモや、細かい作業の流れを予め確認しておくことです。

そしてそれらをまとめるために、当日にはそうしたメモや一覧表が入るポシェットなど用意するといいですね。

ハサミとかテープなどの急な梱包変更に必要なものも一緒に入れて置けますので、あれはどこに行ったなどとイライラしたり困ったりすることもありません。

呑気さんの場合、ポシェットのような肩からかけられる荷物入れ、これに引越し前から当日の予定なども入れて用意しておくと便利です。

沖縄への他県からの引っ越しの場合は、何かあった時のために、数日間分の日用品や着替えを用意しておくと便利です。

何しろ海を渡って荷物が来るので、台風などに大当たりすると遅れます。
多少の生活用品を用意しておくと便利ですよ。

沖縄県での引越しで単身パックなども多くある

沖縄から東京への大学進学などの場合に、一人分だけの引っ越しが必要な沖縄県民は実は結構多いです。

もちろん学生だけでなく、また東京だけでなく、他の都市への1人用の需要が結構多いのです。

なので沖縄県の引越し業者の多くが、かなり便利な単身パックを用意しています。
単身での引っ越しの場合、大型家具等はまずありません。

身の回りの品や、せいぜい本棚とかオーディオ程度ですね。
これなら海を越えての引っ越しも、割安で済みます。

コンテナ1つでいくら、と言うタイプで引き受けてくれる業者が多いので、利用してみてください。

沖縄県引越は地元密着型業者が安心

引越し業者名沖配引越しセンター
住所沖縄県浦添市屋富祖2丁目31-22
対応エリア県内から県外まで
料金プラン家具・家電配送プラン、単身者プラン、ご家族プラン
特典サービスweb申込みで特典割引あり
口コミ評価地元密着型なので特に県内の引っ越しに強い業者です。先島への引っ越しも請け負っています。地元に密着しているので、県内の引っ越しには定評があります。またwebの申込みだと割引があり、手続きもスムースだと好評です。
マップを確認地図を見てみる

沖縄県の引越を格安な赤帽運送業者に依頼

引越し業者名赤帽平運送
住所沖縄県浦添市西原6-1-10ミルキーハウス比嘉202
対応エリア赤帽の担当エリア全域
料金プラン距離制の場合諸料金が加算、他に地区割増料金などあるので要相談
特典サービス特になし
口コミ評価引っ越しと言っても様々で、それほど大きな荷物のない場合赤帽だと、全国の赤帽との連携が可能なので小回りの効くサービスが受けられます。タクシーや自家用車ではちょっと無理だけど、トラックを頼無ほどではないという引っ越しの時に、赤帽は役立ってくれます。格段に安いとも言えないのですが、細かく距離制をとってくれるので、移動距離メインの料金はありがたいですね。
マップを確認地図を見てみる

沖縄県の引越しで不用品処分ができるリサイクル買取店舗

リサイクル業者名リサイクルショップとれふる
住所沖縄県那覇市与儀 320-4 1F
営業時間/連絡先10:00~19:00 連絡先:098-987-1191
サイトURLhttps://www.recycle-torehuru.net/
口コミ評価家電や家具から自転車まで買い取ってくれるリサイクルショップです。那覇市にあるので頼みやすいお店です。
マップを確認地図を見てみる
リサイクル業者名総合リサイクルショップ生活館
住所沖縄県豊見城市名嘉地338
営業時間/連絡先9:00~18:30 連絡先:098-852-2705(那覇店)
サイトURLhttps://www.lifetime-group.co.jp/
口コミ評価沖縄県内に、それも中央に5店舗展開しています。申込みから買取までスムースだと評判です。
マップを確認地図を見てみる

沖縄からの引っ越しの場合、何しろ海を渡ってになりますから、いらない荷物まで運んでもらって、余分に経費がかかるのは避けたいものですね。

幸いに沖縄にはリサイクルショップが多く展開しています。
上記の2店も、買取については種類も多く、引っ越しで不要になりそうな家電や家具の買取相談もしてくれます。

沖縄県の引越し体験談などのまとめ

呑気で大雑把なところの多い沖縄県民の引越しは、ある意味大仕事です。

というのも、引っ越しというものは大きな仕事なのはもちろんですが、実は細かい作業とか事務手続きが多いんですよね。

そうしたことについては、沖縄県民はあまり得意とは言えそうにありません。
なので実際に行動する前に、あれこれと用意が必要になります。

特に県外への引っ越しは取りも直さず、海を渡るということです。
荷物の移動についてだけでなく、人間の方の移動手段についても手配が必要ですね。

あまりに細々で途中で放り出してしまわないように、気がついたことはメモに取るなどして、順次片付けていくようにしたいですね。
溜め込んでしまうと面倒でやりたくない作業ですが、ちまちま片付けていれば結構それなりに進むものです。

引っ越しまでの時間が結構あるからと安心せずに、早めにイメージトレーニングだけでもしておくと良いでしょう。

また引っ越しにかかる金額なども、これも適当にしないで予算を立てておきたいですね。

何よりも、当日になって慌てふためいて気の短さで爆発、などということのないように気をつけてください。

引っ越しの場合呑気さは横に置いて、細々した手続きも楽しむ感じで進めてみましょう。

沖縄県引越し業者の地域リスト一覧

那覇市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市、国頭村、大宜味村、東 村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村、読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村、西原町、与那原町、南風原町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、久米島町、八重瀬町、多良間村、竹富町、与那国町
















































鹿



投稿日:

-引越し地域

Copyright© 引越しのごくらし便 , 2024 All Rights Reserved.