津軽海峡を挟み、日本の最北端にある北海道の引っ越しについて紹介します。北海道の引っ越しでは、住民票の移動やライフラインの開通といった基本ポイントに加えて、引っ越し業者の選び方にも注意が必要です。大手から地域密着型まで北海道でオススメの引っ越し業者や、引っ越しをした人の口コミなどをチェックしてみましょう。

引越し地域

北海道札幌の引っ越しは優良な業者選びが重要で繁忙期と閑散期がある

日本の最北端!独自の方言も特徴的な北海道の引っ越し

日本の最北端にある北海道は、雄大な自然に囲まれた土地です。

本州とは海を隔てているため、引っ越しの際も北海道ならではの注意が必要になります。

また、北海道はかつて多くの人が開拓のために移民したエリアとして、独自の北海道弁や風習が存在しています。

「なまら」や「投げる」など、不思議な響きを持つ北海道弁をTVなどで聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

季節ごとにたくさんの雪が降る場所としても知られる北海道の引っ越しについて、チェックしてみましょう。

北海道の引っ越し手続きって?ライフラインの開通も忘れずに

北海道の引っ越しで必要となる手続きは、住民票の移動や電気・ガス・水道の開通、運転免許証の住所変更などがあり、基本的には他県と変わりません。

住民票の移動は転入・転出先となる市町村の役所で行い、電気やガスなどライフラインの開通は各社への連絡が必要です。

引っ越しの挨拶は同じ北海道内でも地方によって微妙に異なるものの、基本的には洗剤やラップといった小物を隣人に渡しての挨拶で良いでしょう。

ただし、地方によってはプレゼントとして渡すものが決まっていたり、引っ越しの日取りを暦に従ったりなどの風習があります。

北海道を地元としている親戚や友人がいれば、引っ越しの挨拶で必要なものや風習を確認しておくことをオススメします。

また、北海道は本州から海を隔てた地域です。

道外から北海道、または北海道から海を越えての移動の場合は、対応できる引っ越し業者選びが重要になるでしょう。

冬は雪深い地域として、寒い季節の引っ越しは雪への対策も必要です。

北海道への引っ越しはいくらかかる?長距離になるほど費用もアップ

一例として東京から北海道に引っ越す場合、荷物を載せたトラックは津軽海峡を越える必要があります。

単身なら荷物を極力減らし、残ったものを宅配便などで発送する方法もありますが、家具や家電の移動を考えるとあまり効率的とは言えないでしょう。

まとめて移動をしたいならやはりトラックに荷物を載せて、フェリーを使うことになります。

また、他県と同様に北海道の引っ越しにも繁忙期と閑散期があります。

3月・4月の繁忙期は引っ越し業者も忙しくなり、なかなかスケジュールを抑えられません。

料金も上がってしまうため、できるだけ繁忙期を避けての引っ越しをオススメします。

閑散期に東京から北海道に引っ越す場合は、単身なら6万円から15万円ほどになります。

繁忙期になると一気に料金が上がり、設定料金が高い業者は25万円以上の予算が必要です。

家族で一緒に引っ越しをする場合、閑散期は20万円から40万円ほど、繁忙期は55万円以上がかかるものと見積もっておきましょう。

東京から北海道、またはその逆の移動は長距離となり、どうしても料金はかかります。

北海道内の移動や中距離移動の場合は、距離に伴って費用は減ります。

オススメ引っ越し業者!北海道の地元密着型業者も

北海道の引っ越しで利用できる業者は、サカイ引越センターやアリさんマークの引っ越し社、アーク引越センターなどになります。

料金やスケジュール、作業員の対応など、人によって引っ越し業者に求めるものは異なります。
引っ越しにおいて自分が何を重要視するのか確認してから業者を選びましょう。

大手として人気のサカイ引越センターは、大手ならではの安心感で引っ越しを任せられます。
電話対応や見積もりなどの対応も良く、引っ越し初心者でも気軽に利用できる業者です。

アリさんマークの引っ越し社やアーク引越センターも同様に、全国区で引っ越しを手がける業者です。
大切な荷物を運ぶ引っ越しは大手に任せたいという人は,CMなどでよく名前を聞く業者がオススメです。

とにかく料金を安くしたい、北海道に地元に根付いた業者に頼みたい、そんな場合はエール引越センターやグッド引っ越しセンターなどがオススメです。
北海道に拠点があり、地元の移動にも強みを発揮します。

本州などの別エリアから移動する場合は、いずれの業者に依頼する場合も長距離移動ができるかどうか事前に確認してください。

シーズンオフを狙えば安くなる?北海道の引っ越し口コミ

北海道の引っ越し口コミには..

「電話対応が丁寧だった」
「作業員が家具を傷つけないように扱ってくれたのが良かった」

..といった感想が多く見られます。

「急に転勤にになって焦ったけど大手は見積もりから実作業まで話が早くて良かった」
「シーズンオフを狙ったから安く済んだ」

..などの口コミなどもあり、見積もりの早さやシーズン、スケジュールで業者を使い分けるのも良い方法だと判ります。

北海道の引っ越しで業者を見つける際は、口コミを確認してみましょう。

実際に作業をする作業員の対応や、見積もりの正確性の判断材料になります。

また、別エリアへの移動は海を越える必要があることや、雪が降る季節は作業が難航することなど、北海道ならではの注意点も口コミを探す際にチェックしたいポイントです。

スムーズな引っ越しができる業者を口コミから見つけてみましょう。

北海道札幌引越し業者の地域リスト一覧

札幌市、中央区、北区、東区、白石区、豊平区、南区、西区、厚別区、手稲区、清田区、函館市、小樽市、旭川市、室蘭市、釧路市、帯広市、北見市、夕張市、岩見沢市、網走市、留萌市、苫小牧市、稚内市、美唄市、芦別市、江別市、赤平市、紋別市、士別市、名寄市、三笠市、根室市、千歳市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、富良野市、登別市、恵庭市、伊達市、北広島市、石狩市、北斗市、石狩郡、当別町、新篠津村、松前郡、松前町、福島町、上磯郡、知内町、木古内町、亀田郡、七飯町、茅部郡、鹿部町、森町、二海郡、八雲町、山越郡、長万部町、檜山郡、江差町、上ノ国町、厚沢部町、爾志郡、乙部町、奥尻郡、奥尻町、瀬棚郡、今金町、久遠郡、せたな町、島牧郡、島牧村、寿都郡、寿都町、黒松内町、磯谷郡、蘭越町、虻田郡、ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、倶知安町、岩内郡、共和町、岩内町、古宇郡、泊村、神恵内村、積丹郡、積丹町、古平郡、古平町、余市郡、仁木町、余市町、赤井川村、空知郡、南幌町、奈井江町、上砂川町、夕張郡、由仁町、長沼町、栗山町、樺戸郡、月形町、浦臼町、新十津川町、雨竜郡、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、沼田町、上川郡(石狩)、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、東川町、美瑛町、空知郡、上富良野町、中富良野町、南富良野町、勇払郡、占冠村、上川郡(天塩)、和寒町、剣淵町、下川町、中川郡(天塩)、美深町、音威子府村、中川町、雨竜郡、幌加内町、増毛郡、増毛町、留萌郡、小平町、苫前郡、苫前町、羽幌町、初山別村、天塩郡、遠別町、天塩町、宗谷郡、猿払村、枝幸郡、浜頓別町、中頓別町、枝幸町、天塩郡、豊富町、幌延町、礼文郡、礼文町、利尻郡、利尻町、利尻富士町、網走郡、美幌町、津別町、大空町、斜里郡、斜里町、清里町、小清水町、常呂郡、訓子府町、置戸町、佐呂間町、紋別郡、遠軽町、湧別町、滝上町、興部町、西興部村、雄武町、虻田郡、豊浦町、洞爺湖町、有珠郡、壮瞥町、白老郡、白老町、勇払郡、厚真町、安平町、むかわ町、沙流郡、日高町、平取町、新冠郡、新冠町、浦河郡、浦河町、様似郡、様似町、幌泉郡、えりも町、日高郡、新ひだか町、河東郡、音更町、士幌町、上士幌町、鹿追町、上川郡(十勝)、新得町、清水町、河西郡、芽室町、中札内村、更別村、広尾郡、大樹町、広尾町、中川郡(十勝)、幕別町、池田町、豊頃町、本別町、足寄郡、足寄町、陸別町、十勝郡、浦幌町、釧路郡、釧路町、厚岸郡、厚岸町、浜中町、川上郡、標茶町、弟子屈町、阿寒郡、鶴居村、白糠郡、白糠町、野付郡、別海町、標津郡、中標津町、標津町、目梨郡、羅臼町

投稿日:

-引越し地域

Copyright© 引越しのごくらし便 , 2019 All Rights Reserved.